So-net無料ブログ作成
検索選択

トレンドステーション

今一番知りたいトレンドをお届けします。

 

カンニング竹山 相方 死因 [芸能]

スポンサーリンク




カンニング竹山さん(42)の相方は、中島忠幸さん。

2006年12月20日に死去。死因は急性リンパ性白血病による、ウイルス性肺炎。


カンニング竹山さんは、福岡県福岡市出身で、元々は浪人中だった、1990年に、

小学校の同級生だった、ケン坊田中と、「ター坊ケン坊」を結成して福岡でデビュー



その後コンビは解散して、竹山はひとり東京上京する。

東京で偶然、小学校中学校の同級生、中島忠幸さんに再会する。

1992年に中島忠幸さんと「カンニング」を結成。

渡辺プロダクションに所属することになる。


そのごに、サンミュージックの所属となり、「エンタの神様」や「笑いの金メダル」などで、

ブレイクを果たす。


竹山の独特のキレ芸で、当初は笑いに、結びつかなかったらしいが、突如として、

若い観客からうけだしてきたのだという。


そんな、ブレイク中のさなかの2004年の暮れ、中島が急性リンパ球性白血病で、

長期休養に入ることになる。


そんななか、竹山」はひとりで、テレビやラジオの仕事をこなし、中島が復帰するまで、

待ち続けていたのだが、2006年の暮れに、中島は闘病むなしく、帰らぬ人となってしまった。


中島の死後も竹山は「カンニング竹山」として、活動をすることに関して、

インタビューなどで、「自分が一人で活躍することによって、カンニングというコンビを忘れないでもらえる」

と気持ちを語っている。

なかなか、いい話ではないでしょうか。


竹山さんは2013年6月21日(金)にNHKの「課外授業ようこそ先輩」に出演し、

中島さんとの思い出を語っています。

ぜひ、ご覧ください。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
IP分散レンタルサーバー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。