So-net無料ブログ作成

トレンドステーション

今一番知りたいトレンドをお届けします。

 

小嶋陽菜 伝統芸能 意味 [芸能]

スポンサーリンク




小嶋陽菜さん(25)が 伝統芸能の意味とは?


AKB48 32ndシングル選抜総選挙では、第9位という結果でしたが、

見事選抜メンバーに選ばれました。


キャッチフレーズは、「さいたまんぞう大好き、こじはること小嶋陽菜です。」



それでは、伝統芸能の意味について考えていきましょう。


伝統芸能(でんとうげいのう)とは、日本に古くからあった芸術と技能の汎称。

特定階級または大衆の教養や娯楽、儀式や祭事などを催す際に付随して行動化されたもの、

または行事化したものを特定の形式に系統化して伝承または廃絶された、有形無形のものを言う。

詩歌・音楽・舞踊・絵画・工芸・芸道などがある。

有名なのは、能楽、狂言、文楽、歌舞伎。

特に歌舞伎は日本の伝統芸能には無くてはならないものですね。

演芸では、落語や漫才、大神楽、奇術、さまざまありますね。


むずかしい話はこれくらいにして、こじはること小嶋陽菜さんが伝統芸能の意味を、考えましょう。


まあただ単に、総選挙後のスピーチが毎回おもしろいのをネタにして、

自分で、伝統芸能と呼んでいるのでしょう。


小嶋陽菜さんは、AKBのメンバーのなかでは、初期メンバーで、秋葉原にある、

AKB48劇場のグランドオープンの舞台にも立っているのです。


そう考えると、こじはる自身がもうすでに、古典(伝統芸能)なのではないでしょうか。

という結論でいかがでしょう。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
IP分散レンタルサーバー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。